憧れの別荘ライフ、後悔したくない気をつけたいこと

自宅から別荘までの距離

別荘地を選ぶ場合、マリンスポーツを楽しむなら海の近くの別荘、夏の避暑なら高原の別荘地というのが一般的ですが、自宅から別荘までの距離が遠いと交通費やガソリン代などの出費がかかり、こんなはずじゃなかったと後悔するかもしれません。たとえ遠くてもその場所が自分のこだわりがある場所なら多少の出費も我慢できるかもしれませんね。

すぐに楽しめる賃貸別荘

賃貸別荘の場合、初期費用の土地、建物の購入代金が、必要ないので、初期費用が安く、すぐに別荘を借りて住むことができます。賃貸物件を借りるので、敷金、礼金と引越し費用が必要です。別荘地は地方にあるので、家賃の相場も、それほど高くないでしょう。別荘を購入する前の下見として周辺の環境を調べて見るのも良いですね。

別荘地の管理費って?

別荘地の場合、別荘は自宅ではないので誰もいない別荘地を管理する人が必要になってきます。管理費は土地面積によって請求されるので広い土地は高くなるようです。フロント業務や巡回パトロール、道路などの除雪作業、街灯の点検、植木の手入れ、ゴミ、落ち葉の清掃など管理費用で行われているそうです。

別荘の管理事務所はどこにあるかは重要

普通は別荘地のなかに管理事務所があるのですが、開発した不動産会社が倒産したり、管理事務所が撤退している場合もあるので中古で別荘を購入される場合は、紹介してくれる不動産会社に、別荘管理のことを聞いて確認しましょう。なにかトラブルがあった場合、自分はそこにいないので、近くに管理事務所があれば安心です。

セカンドハウスという考え方

セカンドハウスは第2の住まいと考えられ、毎月1回以上、定期的に住居として利用する場所が当てはまります。別荘と違いセカンドハウスには税制面で優遇措置があるのがメリットです。

中古の別荘は、新築物件と比べて手頃な価格で購入できる点が魅力で、限られた予算でも素敵な別荘が手に入ります。