マンションリフォームを始める時の三つのポイントとは!

リフォーム内容の検討から始めよう

マンションリフォームの始まりは、リフォーム内容の検討から始めましょう。水回りだけか、あるいは全面リフォームなのか、優先順位を決めておきます。間取り変更には多額の費用がかかることに加えて、構造によっては実行不可である可能性もあるので注意が必要です。更に、おおよそのリフォーム予算を検討しておきましょう。

業者へ見積もりを依頼しよう

リフォーム業者を選ぶ場合は、まず情報収集から始めることが多いでしょう。大手であれば、リフォーム業者の展示会などを利用すると直接会話もできて便利です。また、築年数が長いマンションなどは、そのマンションに特化した地域密着型のリフォーム業者が存在するかもしれません。構造などにも精通しているため、もしもそういった業者がいるならば、利用することもおすすめです。また、見積の対応などを見て「信頼できるかどうか」「説明が十分かどうか」を重視して最終的な業者を決めると、より安心して依頼できるでしょう。

マンションの自治会などへの届け出を忘れずに

リフォームが決まった場合は、自治会や管理組合などへの届け出が必要か確認しましょう。ロビーや階段などの共有スペースを利用するため、多くのマンションでは届出が欠かせません。施主が行うのか、あるいはリフォーム業者が代行するのかは、状況によって異なるかもしれません。また、二軒先の部屋にも振動や騒音が響く可能性もあります。近隣への挨拶まわりや、紙面による告知などを怠らないようにしましょう。こういった仕事は業者に任せてしまうケースも珍しくありませんが、「どこの家まで挨拶するのか」という認識合わせをしておくと安心です。工事完了後に改めて挨拶するかどうかも、よく検討しておくと慌てずに済みます。

マンションリフォームを千葉で済ませるには、住宅の増改築に関する経験が豊富な工務店を探すことがポイントです。