練馬区で一戸建て住宅を買う時のポイントとは

練馬区の地形をよく知ろう

東京都練馬区は、東京23区の一つになります。練馬区は古くから畑が多く、練馬大根などが有名でしたが、現在は畑が少なくなり住宅地が増えているのが特徴です。そんな練馬区で新築一戸建て住宅を買う場合どのような点に注意をすればよいでしょうか。まずは地形がどのようになっているかを知る必要があります。なぜなら、地形によっては災害を避けることができる可能性が高いからです。運よく練馬区は大きな川がありませんので、河川の氾濫で家が使えなくなることはないでしょう。

高台を購入するメリットとは

練馬区は、大きな山などはありませんが、多少のアップダウンはあります。基本的にアップすると地盤が強い傾向にあります。そのため大きな地震が来た時には、地盤が味方をしてくれます。これに対してダウンしている部分、つまり低地については駅などがあり便利な半面、地盤が弱いところが多く水がたまりやすいのが欠点です。災害という点で考えるならば、駅からちょっと遠くなりますが、できるだけ高台を選んだほうがよいかもしれません。

都心部までにかかる時間を考える

都心部に会社がある人ガ、練馬区に一戸建て住宅を建てる場合には、都心部までどれぐらいの時間がかかるかを考えておきましょう。基本的に50分以内であれば通勤圏内として許容できる人が多いようですが、練馬区の場合西武池袋線沿線であれば、都心部まで30分以内でいくことが可能です。後は駅からどれだけ距離があるかが重要です。ただし、駅から近くなくてもバス停に近ければ、大幅に通勤時間を短縮することが可能ではないでしょうか。

住環境が良いと言われる練馬区の一戸建ては、あらゆる世代に人気があります。緑の多い環境も魅力があります。