老後のためにマンション経営!?管理は外注した方がメリットが多い

高齢になった場合にはマンション経営がいい

老後のことを考えて生活費の準備をおこなう人も多いです。昨今のニュースでは年金を満額でもらえるかどうかわからない状況も考えられるために、自分自身で準備する必要があるのです。そのひとつの方法にマンション経営があります。土地を手に入れてその上にマンションを建築することで、マンション入居者からの賃貸料収入を得ることが可能になります。当然自分が高齢になると自ら働くことが難しくなるために賃貸料収入を得ることができることは将来のことを考えた場合にはメリットが多いです。

一括で借り上げてくれる管理会社に委託

そしてマンション経営をしていく上で問題があります。それはマンションの入居者を探し斡旋したり管理したりという業務負担です。当然高齢になるとそれらの業務も大変になります。そのため最近ではマンションの管理会社が一括で管理をおこなってくれます。一括借り上げという方法で、空室になり賃貸料収入が入らなくなるリスクを軽減することができます。入居者を募集したり、修理修繕等の管理も全ておこなってくれます。管理費用を支払うだけで全て賄ってくれます。

空室で賃貸料収入ゼロよりもいくらかは入った方がいい

マンション経営において空室ができることは非常にリスクなります。計画上では入金になるべき収入が入らなくなるために資金計画を変更せざるをえなくなります。そのため一括で全部屋を借り上げてくれることで、もし空室になったとしても契約で決められた最低限の収入を補償してくれます。その収入は満額の賃貸料収入ではないですが、まったく入らないという状況よりもいくらか入った方がいいのです。そのため管理一般をこのような制度を持っている管理会社に外注に出した方がメリットが大きいです。

低金利時代の今、マンション経営が注目されています。老後のためにマンションなどの経営をする人も増えています。